美容・化粧を生理学的理論と化学的視野から追及する、日置リニックで働くスタッフたちが綴る、最新ビューティ豆知識から、日々のつぶやきまで。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
マツ育はじめました
皆様こんにちは、
クリニック看護師です。

まつ毛ってこんなに印象を変えるんだ!!と衝撃を受けたのは学生時代に、友達に付けまつげを付けてもらったときでした
それから、ずーっと付けまつげ生活をおっくてました。

私は付けまつげの装着は得意なのですが、友達のなかにはうまく付けれないと、付けるの頼まれたりします。
確かに装着がうまくいかないと痛いです。のりも強力なものだと瞼がかぶれたりします。
まつげエクステもきれいで自然なのですが、繊細で扱いが少し面倒だったり

そんな、まつ毛の悩みは尽きない中、最近のマツ育ブーム。
自分のまつ毛がふさふさになれば、こんな楽ちんなことはありません!!

実は昔、眼科病棟勤務の時、患者さんによく点眼指導してたんです。
緑内障の目薬の中には、点眼後瞼を拭くように説明しなければいけなかったのですが。
その理由の一つが「まつ毛が伸びるから」
若かった私は「まつ毛、伸びてもいいじゃん!」と内心思いながら、きちんと拭くように説明してました。

眼科の先生にも、まつ毛伸ばしたいから、私にも処方してほしい!!と頼んだことがありました。
当時はマツ育なんて言葉もないですし、副作用の認識なので、
そこは眼科の先生、当たり前ですが断られていました。

でも、きっと世界に私のような考えの人間がたくさんいたのでしょうね。
副作用が、主作用として睫毛貧毛症薬が販売されました。

点眼するのではなく、まつ毛の根本に塗布する薬です。
まさに昔の点眼説明と逆ですね。

そのまつ毛のお薬、クリニック取扱いしています。

まつ毛が不足している・短い・細い薄いと感じているかた
ぜひその悩み相談してくださいね!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 日置クリニックスタッフ日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。